ミャンマー・チン族の古布
幅を4つ折りにして撮影しています。(黒っぽい無地はだいたい3分の2くらいです。)
筒型にはなっておらず、広げて1枚の布として使えます。
TX_CHIN03
布幅約118cmx丈約90cm
売り切れました
TX_CHIN04
布幅約105cmx丈約90cm
売り切れました
TX_CHIN01
布幅約120cmx丈約86cm
売り切れました
TX_CHIN02
布幅約110cmx丈約84cm
売り切れました
ミャンマー西部のチン州に住む少数民族・チン族の手織布、
ハカ・チン族というグループのもので、古布として大変有名で貴重なものです。
布の3分の2くらいが無地の黒っぽい生地、裾はえんじのベースに
草木染めの糸を使ってダイヤモンド・ジグザグなど細かい幾何学模様が織り込まれています。
(模様は絹糸でベースの部分は綿です。しっかりとした手触りの布です。)

何十年も前に織られた美しい模様の布ですが、もともとロンジーとして
使われるものなので、巻きスカートに仕立てたり、インテリアにも使えますよ。
(小柄な民族なので、布幅は105〜120cmと狭めです。それぞれご確認ください。)
ロンジーとして巻くとエスニックな雰囲気たっぷりでとってもステキな古布ですが、
そのうち手に入らなくなると言われているものなので、布好きの方には本当におすすめです。

部分的に色の薄れや白っぽい汚れなどもあります。
くすみ具合など古布ならではの時間の流れもお楽しみください。
又、模様の部分と黒っぽい無地の部分は後から縫い合わされています。
しっかりつながっていますが、わりと簡単な縫い方なのでゆるい部分があったり、
糸の色が途中で変わっていたりすることもありますが、ご了承くださいませ。

☆色落ちしますので、お洗濯は単品水洗いでお願いします。☆

刺繍のように見える模様は織り込まれていますので裏はこのようになって糸の端が出ています。 端の部分

既成の上着もあります。→   ←スカートもあります。

ミャンマー・チン族古布フルパターン ←フルパターンの布